RE-DESIGN

in next phase of the digital age

777がこの10年お手伝いしてきたプロジェクトの数々は、時に広告活動のRE-DESIGNであり、商品を買いたくなる理由づくりのRE-DESIGNであり、ブランドコミュニケーションのRE-DESIGNであり、企業フィロソフィーのRE-DESIGNであり、企業CIのRE-DESIGNであり、オンラインショップのRE-DESIGNであり、売り方のRE-DESIGNであり、サービスや事業のRE-DESIGNであり、メディアのRE-DESIGNであり、ものづくりのRE-DESIGNでもありました。そうした広義のRE-DESIGN活動を通じて、変化の時代と向きあえてきたことはとても幸せなことであり、同時にたくさんの知恵を私たちに授けてくれるものでありました。

  • 2002 WWF BANNERS / Banner表現のRE-DESIGN
  • 2003 au EZ-Web Portal / 携帯メディアのRE-DESIGN
  • 2004 BEYES ONLINE STORE / Online ShopのRE-DESIGN
  • 2005 INTERACTIVE INTERIOR / 店頭映像装置のRE-DESIGN
  • 2007 SONY BRAVIA Color Tokyo / 街体験のRE-DESIGN
  • 2007 損保ジャパン / 保険証券のRE-DESIGN
  • 2007 じぶん銀行 / Digital時代の通帳のRE-DESIGN
  • 2009 RUPIN STEAL JAPAN / Buzz CommunicationのRE-DESIGN
  • 2013 講談社みんなの栞 / 書店プロモーションのRE-DESIGN
  • 2013 星のや / Brand PresentationのRE-DESIGN
  • 2014 TBS-BS スマホラー / TV番組のRE-DESIGN
  • 2014 FabCafe BRAND BOOK / Brand BookのRE-DESIGN

デジタル時代のリデザインを考える。

次の10年、96年以来深く向き合ってきたDigitalの知見をフル活用して、さまざまな領域のRE-DESIGNをより効果的に&面白く考え、設計する仕事にフォーカスしたいと考えています。

  • 企業フィロソフィーのRE-DESIGN
  • ブランドフィロソフィーのRE-DESIGN
  • コーポレートコミュニケーションのRE-DESIGN
  • ブランドコミュニケーションのRE-DESIGN
  • オンラインショップのRE-DESIGN
  • オンラインサービスのRE-DESIGN
  • オンラインビジネスのRE-DESIGN
  • メディアのRE-DESIGN…

じっくり時間をかけてお話を伺いながら企業やブランド、サービスがかかえる課題を共有し、理解し、ひも解きます。そして、その解決の道筋を議論し、解決のアイデアを提示しながら、その最適なる落としどころを見つけていきます。
さらに、ワード開発やデザイン開発、映像開発、サイト開発、ツール開発などさアナログ・デジタルを問わない表現物へと着地させていきます。考え方を磨きながら、表現的クオリティも精度をあげていく。
777ならではのRE-DESIGNをお届けしていきます。


代表・福田敏也が本を書きました。10月31日に発売されました。「なんとなく企画クリエイティブの仕事をしたいと思っている人のなんとなくをなんとなくじゃなくする本」(講談社)

「なんクリ」カバー画像

さまざまな領域でのプランニング知見をまとめたノウハウ本です。 ぜひ、書店でお手にとってみてください。

Amazon