統合型の広告コミュニケーションプランニングIntegrated Ad Campaign

あるメディアを特定せず、そのコミュニケーション課題にあわせて最適なコミュニケーション設計をする。マスのクリエイティブ経験も豊富にもつ777の代表が今の時代にもっとも力を発揮できるのがメディアを自由にまたいだコミュニケーション設計の仕事です。

ウェブ領域ではキャンペーンサイトだけでなく、ウェブ店舗の設計やサービスサイトの設計、アプリの開発、特殊なツール開発、ウェブイベントの設計、ソーシャルメディア連携企画まで幅広く経験があります。CMもプランナー時代の豊富な経験があります。新聞広告や駅ばりのディレクションも可能です。ウェブとリアルを連携させた街企画の経験も豊富です。そうしたさまざまなクリエイティブ経験が777の強みであり武器となっています。

いろいろ経験があることは重要ですが、一番大切なのは、コアアイデアの企画力です。コアなネタが強く爆発力があれば、全体設計はおのずと決まってきます。777はその軸を決め、その最適な体験のフォーメーションを決め、情報の広がりのシナリオを書き、個別クリエイティブのディテールに落としていく。その流れがしっかりつくられているからこそ、さまざまなメディアに展開していっても、単なる面の拡大にならないコミュニケーションが生まれます。

「全体とディテール」の両面から

大きな企画を成功に導くには、全体設計の精度と同時に、個別クリエイティブのディテールをみる能力が問われます。全体設計視点とディテール視点を両方もって、両面を行き来しながら、伝わるアウトプットにいきつく道筋をていねいにカタチにしていくこと。それがあって初めて、ワークするコミュニケーションになっていきます。777は、全体設計とディテールシミュレーションの両面のバランスがとれているところにも強みがあります。上流も仕切れば、現場も仕切る。必要とあらば、現場の泥沼にどんどん足をつっこむ。その姿勢が大切であることを社員に徹底しています。

具体を支える有能な外部スタッフ

その企画がまだ誰もトライしたことのない新しいものであればあるほど、それを具体化する外部スタッフの選定が重要になります。ある特定領域には、その特定領域の優れたプロがいます。そうしたプロのネットワークをもっていること。必要とあらば、いつでもそうした有能な外部スタッフに相談できることが777の財産です。そうした有能な外部ネットワークに支えられて777の仕事はあるレベル以上のアウトプットを実現できています。

プランナーであり、クリエイティブディレクターであり、 プロデューサーであり、メディアプランナーであり、 PRプランナーであり、マーケッターであり、、、

2009年末から2010年3月まで展開されていたLUPIN STEAL JAPANの仕事では、課題をいただいてから、ネタを考え、コミュニケーションコンセプトを決め、そのコミュニケーションシナリオを考え、そのシナリオに基づいた最適なメディア選択と体験設計をし、企画書をつくり、プレゼンしています。そして実施フェーズに入ると、スタッフのキャスティングをし、Webサイト企画からソーシャルメディア連携、街での仕掛け企画、PRコミュニケーション企画、イベント企画、CM企画&ディレクション、ポスターの企画&ディレクション、新聞広告の企画&ディレクションに至るまで、すべてのコミュニケーションのアウトプットディテールにかかわる役割を演じています。その意味では、777はプランナー集団であり、クリエイティブディレクター集団であり、プロデューサー集団であり、メディアプランナーであり、PRプランナーであり。。。さまざまな役割を一気通貫に演じられる集団でもあります。もちろん、個々のディテールに専門家の助けは不可欠となります。ただ、今の時代に重要となるのは、多面的視点をもった人間が全体をみること、判断をくだすこと。それはとても手間のかかる面倒な作業ですが、そこをきちんとやるからこそ、ワークするコミュニケーションになるのです。コンセプトキーワードも書けば、街で配るチラシコピーも考える。それが777です。

→キャンペーン紹介ムービー