CONCEPT:日本の出版業界は、悩んでいた。オンラインメディアによって、「新書情報」が広く発信できる一方で、リアル書店が、「本との新しい出会い場」になりにくくなっている。そこで、オンライン上に存在する読者の皆さんの声をリアル書店に持ち込み、誰もが思わず手に取りたくなる新書の店頭演出を作り出すことにチャレンジした。 MISSION:書店で、『新書を思わず手に取りたくなる』店頭演出を作り出すこと。 IDEA:Key item is a ”Analog bookmark”. キーアイテムは、“アナログのしおり”。ウェブ上で、読者の心に残った1ページを、1枚のしおりに。読者は、「みんなのしおり.jp」サイトにアクセス。自分の「心に残った1ページ」を、「1枚のしおり」にすることができます。Facebook&Twitterと連携をして、友人にそのしおりを共有することができます。さらに、そのしおりは、全国の書店のPOPとして活用されていきます。
Website - PC & SmartPhone
thumbnail01 thumbnail02 thumbnail03 thumbnail04
Launch Website
DISPLAY! WEB上で集まったしおりを使った、書店の新しいPOP! Bookstores
BookstoresImage01 BookstoresImage02 BookstoresImage03 BookstoresImage04
サイト上で投稿される度に、次々に「しおり」が増えてくる、ソーシャルメディア連動POP。 Bookstores image 読者の声を書店に持ち込む仕掛けから、人々は、書店で新たな本との出会いを楽しんだ。 Bookstores image
RESULT:「Social Bookmark」のインパクトから、店頭での本を手にとる人々が、従来に比べ250%増えていった。店頭で次々と本を手に取り、しおりが挟まれたページを楽しんだ。また、出版業界初の試みが反響を生み、世の中のニュースとなり、全国の本屋に活気が蘇ってきた。 Sharing bookmark. Shareing the excitement of reading. Social Bookmark! Thank you!