Cannes-Cyber.jpg

カンヌヤングライオンサイバー部門
日本代表のエントリーを受付中です。

ヤングカンヌは
若きクリエーターがひとつ大きな階段を上がる
大きなチャンスです。

エントリーはまだ間に合いますから
どしどしご参加を。

ーー以下JIAAのHPよりーー

2012年 カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル
「ヤングライオンズ・コンペティション」
サイバー部門日本代表チーム選考についてのお知らせ
~ 参加希望チームを募集します ~

2012年6月にフランスカンヌ市で開催される「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」の期間中に、世界各国を代表する28歳以下のクリエイターがアイデア・技術を競う「ヤングライオンズ・コンペティション」が開催されます。
「東京インタラクティブ・アド・アワード(TIAA)」を主催するJIAAでは、国際的に活躍する若い世代のクリエイターの育成機会を提供する目的で、サイバー部門日本代表チームの選定を行います。
今回の選考にあたり、下記の要領で参加希望のチームを募集いたします。
代表に選定されたチームには、現地カンヌで「ヤングライオンズ・コンペティション」に参加していただきます。

募集概要
カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル「ヤングライオンズ・コンペティション」サイバー部門に参加を希望する、日本国内の28歳以下のクリエイター2名1組(プランナー、ディレクター、デザイナー、フラッシャー)のチームを募集します。
代表に選定されたチームには、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル期間中(2012年6月17~23日)に現地で開催されるコンペティション(2012年6月18~20日予定)に参加していただきます。
※「ヤングライオンズ・コンペティション」は、28歳以下のクリエイターによる国別の代表2名1組のチームが、現地で課題のオリエンテーションを受け規定の時間内で作品を制作し競い合う、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルのスペシャルイベントです。
募集期間
2012年2月9日(木)~3月7日(水) 17:00
応募条件
◆2名1組のチームでご応募ください。(同じ会社に所属していなくても構いません。社内、社外の組み合わせは自由です。)
※学生、アマチュアの方は対象となりません。
◆応募チームの参加資格条件をご確認ください。
2名とも1983年6月24日以降生まれであること。
どちらか1名が英語に堪能であること。
どちらか1名がApple社 Macintoshの扱いに慣れていること。
どちらか1名がAdobe Flashを使ったWeb制作技術を身につけていること。
チームが代表に選定された場合に、2名とも、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル期間中(2012年6月17~23日)に開催されるコンペティション(2012年6月18~20日予定)に参加できること。
※コンペティション参加費用は、所属会社のご負担(もしくは自己負担)をお願いいたします。参加費用金額(カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル登録料、旅費・滞在費)は、1名あたり約500,000~700,000円です。
応募方法(エントリー)
下記よりエントリーページに必要事項をご記入いただきご応募ください。
エントリーにあたって応募チーム各自のポートフォリオを提出してください。これまでに制作に関わった代表的な作品を紹介するページを各自サーバーにアップのうえ、エントリーページよりURLを入力いただきます。なお、提出はエントリー後でも構いませんが、締め切りは3月10日(土) 20:00までとします。
エントリー後(募集期間終了後)、下記の指定日時にオンラインで課題を出題します。提示した課題に対して、規定に従って制作した作品ファイルを指定のフォームより送信していただきます。(詳細はメールにてお知らせいたします。)
【課題出題日時】 3月9日(金) 17:00(予定)
【作品提出期限】 3月10日(土) 20:00(予定)
※就業時間中および休日に作品を制作していただきますので、事前に所属会社責任者の承諾を得ていただきますようお願いいたします。

fabcafe1.jpg

縁あって、Cafe事業に参加しています。渋谷道玄坂LOFTWORKの1階にできるFabCafe。レーザーカッターという時代的ハイテク工作マシンが実現する「ものづくり」の新しいありかたを提案しながら、同時にその拠点を居心地のいい溜まり場にしていこうという企みです。3月7日あたりから営業開始の予定です。最初はまだまだ手探りの時期が続くかと思いますが、渋谷近辺にお越しの節は寄ってみてください。どうやらフクダが店長当番の日もあるようです。(ホントかな)

fabcafe.jpg

IMG_3157.jpg

777にはいろいろな植物があります。
鉢植えもあれば、苔玉もあれば、時には切り花もある。

前回ご報告した白梅につづき
紅梅が花を開きました。
それほど丁寧に世話をしていないのに
毎年春には元気に咲いてくれる
手間のかからぬいいやつです。

777%E5%A1%BE.jpg

皆様、いろいろとご心配とご迷惑をおかけしました。今年の777塾、ようやくメンバーの選考を終え、今年の開催が具体的にきまりました。エントリーいただいた皆さん、ありがとうございました。残念ながら今回の選にもれてしまった皆さん、申し訳ありませんでした。来年以降も続ける覚悟ですので、これに懲りず、また来年も挑戦いただけると嬉しいです。

IMG_3196.jpg

777がその第一回目より協賛企業として
お手伝いしてきた恵比寿映像祭。
今週末の26日には、その最終日を迎えます。

今年は、僕たちの大切な仕事仲間でもある千房さんがexonimoとして屋外展示を行っています。千房さんといえば、メディアアート界でも有名ですが広告界ではauのis-paradeをはじめたくさん名作に参加してきた超優秀な広告企画マンでもあります。今年の展示はEye Tracking技術を使ってダイナミックな視点移動体験が楽しめる「The EyeWalker」。Techと肉体体験のクールな融合を実現したユニークなものになっています。

土日は混雑が予想されますから、明日かあさってにでも会社を抜け出し、見に行かれることをおすすめします。

写真-15.jpg

あけましておめでとうの時期から
まだ数日しか経っていませんが、
777の事務所の梅が
今年も元気に花開きました。

巷より一足お先に、梅だよりでした。

777%E5%A1%BE.jpg

777塾。
参加希望者は、履歴書と自己PRと志望動機、
777塾に期待することを書いたファイルを添付し
以下のアドレスにお送りください。

777juku.jpeg

昨年10月に今年もやりますってお伝えしながら、
あれよあれよという間に年を越してしまいました。
年末に業務がたて込んだ関係で
ご案内がすっかり遅くなってしまったのです。

とりあえず、やる気です。
なんとか実施したいと思ってます。
ただ、昨年10月にご案内した際に
みんなからの希望を募集したのですが
その反応は今イチ。
フクダのボランティア活動でもあり
みなさんの熱意が高まらないと
フクダもやる気が沸きません。
ここはひとつ、自己PRや志望動機で
今年実施を希望する皆さんの
熱い思いを送っていただきたいと思っています。

以下に、777塾の概要と想定スケジュールを書いておきます。

777塾:トリプルセブンインタラクティブ福田が90年代中盤より実施している広告プランニングの私塾。対象は、広告業界、Web業界の若手世代。777が開拓してきたクリエイティブプランニングの今時なるプランニングメソッドを10回弱の講義と演習に分解して丁寧に教えていく。受講料は、基本無償。参加によって発生する義務やしがらみはありません。

選考の手順:参加希望者は、777宛に履歴書と、A4一枚程度の自己PRを送付ください。その内容を検討の上、今年の受講者を決定いたします。

予定:書類締切1月20日。受講者決定、1月末。

講義:2012年2月初旬に第一回講義を開始予定。実施予定は、毎週末水曜日19:00~21:00。福田の非営利の活動なので、約2ヶ月間、休まずに参加できることを基本条件とします。もちろん業務都合でどうしても不参加になる場合は、その限りではありません。

以上、よろしくお願いします。

IMG_2936.jpg

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜りましたことお礼申し上げます。

大きな災害や事故が多発した2011年。
被災なさった皆さま、ご家族の皆さまには
心よりお見舞い申しあげます。

この10年来の変化の渦は
衰えるどころか年を負うごとに勢いを増し
さらに大きな渦となって
日本の未来に立ちはだかっています。

そんな時代にあって僕たちは今年も
変化の渦にすすんで飛び込み
すすんでもみくちゃにされながら
次の時代へつづく道を模索していきたい。

広告企画領域だけでなく、
コーポレートコミュニケーション領域、
オンラインコマース領域、
サービス開発領域、
企業活動領域。
あえて領域を限定せずに活動してきた
777の経験とスキルと芸風で
大きな変化の波を乗り切りきるお手伝いをしていく。
そんな2012にしていきます。

よろしくお願いいたします。

777塾2011の実施をお待ちいただいていた皆さん、すみませんでした。日常の煩雑な業務にまみれてそのスタートが遅れに遅れておりました。今年は無理かなあ、もう。とも思ったのですがこうして自分から始めた枠組みを自らさぼってしまうことはイケナイと大きく反省し、あらためて実施を決意した次第です。

さてさて今年度の777塾は、インタラクティブに企画進行したいと思います。

その手順。

まず、みなさんから
777塾でフクダに講義してほしい内容を募集します。これまでフクダの講演や講義、噂を耳にした内容のなかからあるいは、この領域について皆さんがフクダに話させたいと思うテーマの中から。自由に希望テーマをぶつけてください。「こんな内容はフクダの専門外かなあ?」と思ってもフクダに話させたいと思ったら書いてください。

ーーーこれまでのネタ参考例ーーー
企画あたまの鍛え方についてのネタ
リアリティという視点で広告のホントらしさを考えるネタ
広告映像のありかたを考えるネタ
情報価値という視点から企画を考えるネタ
モヤイ像の盗み方というネタ
デザインの考え方を考えるネタ
バナー広告100連発というともかくバナーの名作からヒントを探るネタ
最新のカンヌ事例を通じて広告の今を考えるネタ
最新のTIAA事例を通じて広告の今を考えるネタ
メディア視点で企画を考えるネタ
コンテンツ視点で企画を考えるネタ
777のクリエイティブディレクションの考え方を伝えるネタ
ーーーーーーーーーーーーーーー

みなさんからのリクエスト内容を集計し、そのリクエストの多かったテーマを軸に講義スケジュールを発表します。

そして次に、みなさんにはそのテーマの中から自分が参加したいコマ5つを受けたい順に選び申し込んでいただく。そして、参加希望人数を調整した上で、受講いただく講義リストをお伝えする。

ーーー大まかなスケジュールイメージーーー
講義テーマリクエスト期間:11月01日から11月14日
講義テーマ発表:11月18日
講義申し込み:11月18日〜11月末
講義参加者決定:12月中旬
講義開始:2012年1月中旬
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催場所は未定です。

まずは、講義内容のリクエストを以下のアドレスに送信してください。
777juku.jpg

たくさんのリクエストお待ちしています。
みなさんの声が、今年の777塾をつくります。

写真-26.jpg

Web Designing最新号で「TIAA受賞作に見る、変化し続けるWeb」というテーマの取材を受けています。TIAAも今年で9年目。この記事をお読みいただきつつ、今年の受賞作発表を見ていただけると、その流れや意図を感じていただけると思います。

株式会社トリプルセブン・インタラクティブは、代表取締役の福田が2003年博報堂退社以来、博報堂とフェロー契約を結んで参りましたが、2011年4月より博報堂とのフェロー契約を継続せずオープンな会社になることになりました。以前はその契約から一部会社とお仕事をできない状況にありましたが、完全オープンになったことでより多くの方々のお仕事のお手伝いができる環境が整いました。

博報堂とは、博報堂卒業生としてひきつづきその発展にご協力する良好な関係を維持していく所存です。どうぞ皆さん、オープンな777をよろしくお願いいたします。

shinjiteru.jpg

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震の影響を受けた皆様に心よりお見舞い申し上げます。復興に向け、777なりに役立てる道筋を前を向いて考えていきたいと考えております。